庭の草と木のあかちゃん

庭の草が一雨ごとに成長し、草取りが日課になりつつあります。
シャベルを持ってクルミの木をお持ちになる方はいまだに現れませんが、草取り中に全部で6本クルミを発見しました。
思いのほか生えているものなんですね。
言葉を交わすようになったお向いのお母さんに、ここは以前どんなところだったかを聞いてみようと思います。
草取りをしていると、草と木のあかちゃんの区別がなんとなくつくようになりました。
草は比較的すんなり抜けるのに、木のあかちゃんは抜こうとしてもなかなか抜けません。
将来木に成長するために、あかちゃんの頃からしっかり根っこを張っているんですね。
そう思うと草はどんどん抜いてしまえるのに、木のあかちゃんは抜けなくなってしまいました。
小平の家に来てから、空気の流れ、太陽の角度、小さな命・・・今まで見過ごしていたことに気づかされて嬉しくなる毎日です。
[PR]
by itibanhoshi | 2006-05-30 16:14 | モデル陽だまり日記(荒井)


<< メインストリート きのこは不思議 >>