無垢のパイン

小平の家の床は無垢の北欧パイン材です。
かかとに持病のある私は、畳以外の床ではスリッパを履くように医者から言われています。
そうした理由でここでもスリッパを履いていました。
小平の家にいらした方は「床が気持ちいいね」とか「パイン材はやわらかいね」と嬉しそうにおっしゃいます。
あまりに多くの方のそんな様子に、私もこの床を体感したくなりました。
幸いここのところ痛みもそれほどではないので、何日か裸足で過ごしてみました。
すると、皆さんのおっしゃっていたパイン材の足に馴染むようなやわらかさや、何とも言えない気持ち良さを実感することができました。
本物の無垢材だからこそ感じられたのだと思います。
人間の体をすんなりと受けとめられる植物は懐が深いですね。
[PR]
by itibanhoshi | 2006-06-26 16:21 | モデル陽だまり日記(荒井)


<< ティッシュペーパー 東村山市 久米川ソーラータウン... >>