子供の目線 

池袋のS百貨店で興味深い催しの案内をもらってきました。
もともとは歌のお姉さんが来たり、トークショウも企画されている夏休みの親子のためのイベントです。
その中に3歳の子供の目線で見た部屋というスペースがあります。
家具や小物が実物の1.6倍の大きさで作られているとのこと。
なんで1.6倍なんだろうと思ったら,3歳児の身長が1mで大人は1.6mというところからだそうです。
おもしろそうだけど親子のためのイベントじゃいけないなーと思っていたところ、今朝の新聞記事で紹介されていました。
これを読んで大人単独での来場者が増えるかも・・・。
行ってみたい!
[PR]
by itibanhoshi | 2006-08-08 16:17 | モデル陽だまり日記(荒井)


<< 乗り鉄友達に先を越される 蝉の声 >>