<   2006年 06月 ( 42 )   > この月の画像一覧

三日坊主クリア!

ウチでは今、先日TVの健康番組で観た、「2週間でお腹がへっこむプログラム」をやっています。過去、この手のチャレンジは、だいたい3日目くらいでフェードアウトすることが多かった我が家ですが、なんと今日で6日目突入です。
朝夕3分ずつの運動、食事に加える3品目だけでお腹がスッキリ!となるそうで、
まあかなり、はしょっている部分はありますが、おおむね順調に続いています。
家人とどちらが成功するかの、暗黙の戦いが続ける秘訣でしょうか?
ああしかし、あと1週間。2週間めのプログラムはさらに昼の運動も加わり、3品目も
ちょっと手間のかかるメニュー。さあ、初のプログラム達成なるか!?

b0096552_13311063.jpg

さっきモデルハウスの庭で見つけた チビカマキリ。
体長1.5センチなのに、コワおもて。
[PR]
by itibanhoshi | 2006-06-30 13:28 | モデルハウス陽より(伊藤)

7月のイベント告知 ② - 2

相羽建設の、7月のイベントのご案内 です。

7月30日(日) 10:00 ~ 12:00、木造ドミノ 小平市モデルハウス において、「 第一回 プチレッスン 」 を開催致します !


b0096552_9184468.jpg



今回のテーマは、住いの日射対策です。
 
小平市モデルハウスは1階 2階とも、2間幅( 柱の芯から隣の柱の芯までの寸法が 3640mm / 910モジュールとして )の掃出し窓( 床面までの開口窓 )という大きな開口部が、西に向いて設けてある間取りです。
降り注ぐ西陽は、かなり強烈です。

このモデルハウスの西陽 日射対策を、皆さんと体験お手伝いをしていただいて、私達スタッフと一緒に楽しみながら、作業を施していきたいと考えております。

 夏休みのお子さんの思い出作りの一環に ご家族みんなで、
 また先人の知恵を拝借しての日除けの事なら任せとけ という自信をお持ちの方や、
 やわな相羽建設 営業部の面々に、工夫の仕方というものを教えてやろうという優しい方も、
 モデルハウスの庭で ついでにガーデニングをしちゃおうなんて考えている方など、
 その他、何でも 是非ぜひご参加下さい !

お申込は、弊社相羽建設まで。 お気軽にお問合せ下さい。 参加費用は無料です。
なお定員になり次第、締切とさせて頂きます。



また、この " プチレッスン " について、第2回以降のテーマを募集致します。 「 こんな事やってみたい 」、「 こんな事に興味が有ります 」等、何でも結構ですので、どしどしご応募して下さい。
" プチレッスン " は、みんなで楽しんで行えて、少しためになる作業を、プチレッスンファンの皆さんと小平モデルハウスのスタッフとで運営していければと考えています。
皆さん、" プチレッスン " を、宜しくお願い致します。 一緒に " プチレッスン " を育てていきましょう !
[PR]
by itibanhoshi | 2006-06-29 08:29 | ミズ プチレッスン

狭山市 S 様邸

狭山市の S 様邸の現場です。


b0096552_194215.jpg



b0096552_1972598.jpg

 ( 外部では )
 京央エンジニアの大滝さんが、屋外排水の配管工事をしています。



b0096552_1911674.jpg

 内部では、仕上げ工事の下地処理 不陸調整が施されました。



b0096552_19112676.jpgb0096552_19114773.jpg

 これから中霧島壁が塗られます。



b0096552_1912456.jpgb0096552_19122543.jpg
 S 様邸は、1階のリビングから2階を抜けて勾配天井まで続く大吹抜け空間の建物です。
 内部の仕上げにも、足場を組んでの作業となります。


仕上げが終わり、外構が完成すると、晴れてお引渡となります。
[PR]
by itibanhoshi | 2006-06-28 19:20 | モデルハウス陽とり旅(豊)

図面作成

相羽建設のパートナーであり、ビル物の現場や施設などの設計をお願いしている入村設計さんと、当社の設計部の仲田課長が、日野市 O 様邸の実施図の打合せをしていました。
b0096552_22565779.jpg

b0096552_22571445.jpg

     入村設計のじゅんさん                  仲田課長



これから、実施図面といって、実際に現場の施工をする人間や役所の人達が使う図面を作成していきます。
図面は現場の共通言語であり、最も重要なものです。
図面によって、延べ十数社の人間が動き、お施主様の永く住み続ける大切な住いが出来上がっていくのです。
設計監理者の責任は重大です。
場合によっては線の引き方一つで、現場がちゃんとおさまらなくなってしまったり、無駄な手間が掛かってしまうような指示をしてしまうと、工事費が必要以上に高く掛かってしまったりする事もあります。

意匠デザインだけでなく、メンテナンス性も考えなくてはなりませんし、今一番問題となっている構造、耐震に関する事や、防犯、もちろん使い勝手や家事 生活動線、収納量、バリア、素材 仕上げ、インテリア、環境、予算管理、イニシャルコストにランニングコスト、採光 通風 排煙・・・法規や規制などあらゆる事を想定して計画し、お施主様のご要望を整理して図面を作成していくのです。
[PR]
by itibanhoshi | 2006-06-28 00:23 | モデルハウス陽とり旅(豊)

ティッシュペーパー ②

↓  私も そう思います。  後者です。



   ( 荒井ちゃん、記事の内容が随分とやっつけですね・・ )
[PR]
by itibanhoshi | 2006-06-27 21:02 | モデルハウス陽とり旅(豊)

ティッシュペーパー

小平の家のティッシュペーパーを交換しました。
1枚1枚が取り出しにくい・・・
なんでかなーと探ってみると、コンパクトな箱に200組入っています。
他のメーカーのを見てみると同じくらいの箱に160組。
量を選ぶか使いやすさを選ぶか。
難しい選択です。
花粉症の時期の私なら後者です。
量は使うけれど、それ以上にイライラしたくないから。
[PR]
by itibanhoshi | 2006-06-27 16:54 | モデル陽だまり日記(荒井)

無垢のパイン

小平の家の床は無垢の北欧パイン材です。
かかとに持病のある私は、畳以外の床ではスリッパを履くように医者から言われています。
そうした理由でここでもスリッパを履いていました。
小平の家にいらした方は「床が気持ちいいね」とか「パイン材はやわらかいね」と嬉しそうにおっしゃいます。
あまりに多くの方のそんな様子に、私もこの床を体感したくなりました。
幸いここのところ痛みもそれほどではないので、何日か裸足で過ごしてみました。
すると、皆さんのおっしゃっていたパイン材の足に馴染むようなやわらかさや、何とも言えない気持ち良さを実感することができました。
本物の無垢材だからこそ感じられたのだと思います。
人間の体をすんなりと受けとめられる植物は懐が深いですね。
[PR]
by itibanhoshi | 2006-06-26 16:21 | モデル陽だまり日記(荒井)

東村山市 久米川ソーラータウン お知らせ !!

7月17日(月) 海の日 の 10:30 ~ 11:25 、テレビ朝日系 で、東村山市 久米川 ソーラータウン が放映されます。
お見逃しなく !!
[PR]
by itibanhoshi | 2006-06-26 08:45 | モデルハウス陽とり旅(豊)

相羽建設 バス見学会

相羽建設のイベント、バス見学会を行いました。

今回のバス見学会は、OMソーラーの住い手のお宅3ヶ所を、マイクロバス3台にわかれてお伺いするというイベントでした。
バスは3台ともお客様で満員で、スタッフがそれぞれに添乗して、ご案内をさせて頂きました。
( バス3台分の人数が一度に一軒のお宅には入れませんので、3コースに分かれて回るというスケジュールです )

私達のバスのコースは、東村山市の N 様邸と、調布市の N 様邸と、武蔵野市の M 様邸にお伺いを致しました。

b0096552_18573314.jpg


  東村山市 N 様邸 にて

b0096552_185802.jpg
b0096552_18581913.jpg
b0096552_18583362.jpg


  調布市 N 様邸 にて

b0096552_18592228.jpg
b0096552_1859376.jpg


  武蔵野市 M 様邸 にて




  見学風景

b0096552_1954799.jpgb0096552_196428.jpg
建物の見学だけでなく、住んでみての感想や、疑問に思っている事などを、住い手の方とお話しをして頂く質問対話コーナーの時間を設けています。  真剣なご質問が数多くよせられ、住い手の方も熱心にお答えして下さいました。  ので、結構時間はオーバーしがちです。
今回は、OMソーラーに対するご質問が多かったように感じました。

b0096552_19658100.jpgb0096552_1972714.jpg
                                 ちびっ子たちは、みんな仲良しになっていました。


今回のバス見学会には、計26組のお客様にご参加を頂きました。
皆様お忙しい中を、有難うございました。 皆様のご計画の参考にして頂ければ幸いです。
また、ホストファミリーを快く引き受けて下さいました住い手の方々、誠に有難うございました。
心よりお礼申し上げます。 今後とも変わらぬお付き合いを、宜しくお願い致します。
[PR]
by itibanhoshi | 2006-06-25 18:29 | ミズ プチレッスン

緑の”馬の背”

b0096552_1444143.jpg最近
気に入っている散歩道です。


多摩湖自転車道の花小金井駅を通リ過ぎた辺り、
自転車道と平行して土手状になっているところがあります。
背の低いネコジャラシがたくさん生えている、緑のきれいな土手です。
なぜここに土手があるのか不思議でしたが、ネットで調べたところ、
緑道の下には村山貯水池から境浄水場まで暗渠が走っていて、
ちょうどこの場所だけ土地が低いため、
土を盛って高さを調整したのだそうです。

小高くなっている所が、馬の背のように見えると言う事で
”馬の背”と呼ばれるようになったとの事。
水道自体が作られたのは大正時代だそうです。

ウチの夫婦の間では、この辺りに昔、池があったのだの、
多摩湖を造る際に使われた鉄道の跡では、と、勝手に歴史を作ってました。
それはそれで楽しいけれど。
[PR]
by itibanhoshi | 2006-06-25 14:35 | モデルハウス陽より(伊藤)