<   2007年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

第2回 東京の山と木を見に行く バス見学会 ③

  (  ・ ・ ・ 続き です )

先日開催致しました、相羽建設の 「 東京の山と木を見に行くバス見学会 」 の記事が
日本住宅新聞 ( 平成19年 5月25日 付 ) に掲載されました。

b0096552_1716241.jpg
また、更に詳しいリポートが弊社ホームページにもあります。
相羽建設広報 宮原の渾身のリポートです。 そちらも、どうぞご覧下さい。

b0096552_1743647.jpg





 ←  原木の市場
  ↓ 山  の見学風景
b0096552_1744522.jpgb0096552_17453616.jpg
b0096552_17541329.jpg

 ← 杉の葉っぱ
b0096552_1754449.jpgb0096552_17551888.jpg
製材所の見学
[PR]
by itibanhoshi | 2007-05-30 17:16 | ミズ プチレッスン

相羽建設 シンボルマーク




b0096552_1584873.jpg


相羽建設のニューシンボルマークです。

「 クリーンでスマートなもの 」、「 ぬくもりが有って安心できるもの 」 を
デザインテーマとし、次のことを現しています。
 1. アルファベットの A
 2. 陽ざしとぬくもりの有る家
 3. 上昇する矢印マーク
 4. デザインテーマに添った色づかい

そしてそのロゴタイプは、「 堅実で安定感がある事 」 を損なわず 「 洗練さ
れていて知的である事 」、飾り過ぎず 「 視認性が良くカチッとしている事 」
をテーマとしています。




「 むさしの i タウン ~四季の街~ 」 木造ドミノ、第3期販売予定分の区画
が着工しています。

b0096552_15564666.jpg
      ↑ 現地販売センターから北へ向かい、

b0096552_15571461.jpgb0096552_16052.jpg
     東村山プロジェクトのメインストリートへ出た十字路の このあたり   ↑

b0096552_15573561.jpg

 この看板が、目印

 ← この看板の奥の
 区画です。
 (現在基礎工事中)


 第3期販売 5棟
 のうちの2棟がこ
 ちらです。

[PR]
by itibanhoshi | 2007-05-29 15:09 | モデルハウス陽とり旅(豊)

”涼風”体験

昨日は暑かったですね。
実は私は、木造ドミノモデルハウスのオープン時間と共に来て、クローズ時間と共に去って行く人なので、去年の夏もOMを経験したにもかかわらず、「涼風」を体験したこと無かったんです。
しかし、昨日の日曜日、とうとう涼風を体感いたしました~。

夕方ご来場のお客様と話しが弾んでしまい、ついついお引き止めしてしまったのですが、気がつくとOMの操作盤の表示に”リョウフウ”の文字が!時間は6時半くらい。
木造ドミノのモデルハウスではOMの立下りダクトの途中に小さいドアが付いていて、OMの風を体感できるようになっているのですが、そのドアを開けるとひや~っと涼しい風が吹いてくるではありませんか!おお~。これが涼風かぁ~。
いつもは朝、玄関を開けると室内が割とひんやりしているなと感じる位だったので、こんなふうに夜のうちにOMが働いているのを実感できると感激です。

このiタウンは一区画ずつが広めで立地が良いせいなのか、涼風もかなり効率良く効いているようです。
これはぜひ泊まって、夜の室内環境も知りたいものだと思いました。
西所沢のソーラータウンに宿泊体験申し込んで見ちゃおうかな~。
[PR]
by itibanhoshi | 2007-05-28 14:45 | モデルハウス陽より(伊藤)

芽が出ました~

種まきから7日目
やったー!
エダマメ(左)と黒ゴマ(右)が発芽しました。
エダマメはいかにもあの豆のような双葉を抱えて出てきました。
黒ゴマは思ったよりワンサカ出てきてびっくりです。
ニンジンもすこーし出てきました。
わーい。かわいいな♪
b0096552_1554824.jpg
b0096552_1584018.jpg

[PR]
by itibanhoshi | 2007-05-25 15:14 | モデルハウス陽より(伊藤)

住い教室のご案内

相羽建設の6月のイベントのご案内です。

6月10日(日) 13:30 より、
「 住い教室 / 木の話 ( 紀州材 ) ・ 山長商店 モック株式会社 」 を
開催いたします。

b0096552_2073858.jpg
 ・ 構造材に関心があるが、専門的すぎて少し難しそう。
 ・ シロアリの問題が不安。
 ・ 木造住宅の強度って、他の工法と比べてどうなんでしょう。
 ・ 無垢材と集成材。
 ・ いい材って。 その育て方。 山の管理。 加工製材技術って。
 ・ 産地、気候風土によるその材の特徴。
 ・ 刻み、プレカット。
 ・ JAS制度。 品質表示。
 ・ 樹齢、芯持ち、含水率、ヤング率、節、撓み、燃えしろ・・って何。
 ・ 無垢材の経年変化とは。
 ・ 適材適所の樹種選び。
 ・ 地震に対して。 火事に対して。
 ・ 少し愛して、長~く愛して ?
山や森林の管理、木材製材、プレカット販売の第一人者である、紀州和歌山県の
山長商店モック株式会社さんが分かりやすく説明してくれます。

住い造りを検討中の方、木造住宅にご興味のある方、純粋に森や木の好きな方、
その他、住い教室の話しを聞いてみたいとお思いの方は、是非ともご参加下さい。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

お申込みは、電話、FAX、メール、どちらでも構いません。
その際、6月の住い教室「 紀州材 」の参加希望の旨をお伝え下さい。
お名前、ご連絡先、そして参加人数を必ずご記入の上、下記までお申込み下さい。
  相羽建設株式会社
   TEL  / 042-395-4181
   FAX  / 042-393-9838
   メール / mail@aibaeco.co.jp
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。
席に限りがございますので、お早めにお申込みをお願い致します。
当日のスケジュールは、
 13:00 / 受付 開始
 13:30 / 住い教室 開始
 15:30 / 住い教室 終了
となっております。
会場には、駐車場がございます。 が、混雑が予想されますので、
お車での来場の際は、お時間に余裕を持ってお越し下さい。

b0096552_2075927.jpg
b0096552_2081586.jpg

[PR]
by itibanhoshi | 2007-05-22 20:05 | ミズ プチレッスン

ゴーヤーチャンプルーへの道ー2

b0096552_16242731.jpg

やっとゴーヤー達に元気が出てきました。キュウリ疑惑のあった苗もようやく5枚目の葉が出てきて、ギザギザのゴーヤーの葉であることが判明。3、4枚目の葉がなぜかキュウリそっくりだったため、これはキュウリでは?と、いろんな人から言われてきましたが、疑惑も晴れて(多分)よかった、よかった。

ちょっと早いかな~と思いましたが、こぬか(糠)をもらったのでちょっと蒔いてみました。
私が持っている本にはこぬかの使用方法が書いてなかったので、ネットで読みかじった知識だけでやってみました。
米の研ぎ汁を畑にまくなんて言うのも聞いたことがあったので、栄養があるだろうと思いますが、堆肥に混ぜたり、土作りのタイミングで入れたりするようなので、追肥みたいに上から直接蒔いて良いものやら分らなかったのです。でも有機農法の畑を作っている人などのブログにも書いてあったのを見つけたので大丈夫そうです。

ぬかは土に混ぜると、土中の微生物(善玉菌)を活性化し、病気を抑制するという働きがあるそうです。ただ最初は表面の土が固くなってしまうので、根が酸欠にならないように要注意みたいです。とりあえず、1苗置きに蒔いてみました。ちょっと様子見です。
[PR]
by itibanhoshi | 2007-05-22 16:47 | モデルハウス陽より(伊藤)

第2回 東京の山と木を見に行く バス見学会 ②

  (  ・・・ 続き です )

b0096552_1926738.jpg


b0096552_1927202.jpg 相羽建設の
 「 第2回 東京の山と木を見に行く
 バス見学会 」へご参加下さいまして
 誠に有難うございました。
b0096552_1928327.jpg
 まずは、相羽建設旧社屋にて出発のご挨拶をさせて頂きました。
 この日、私はご挨拶だけでバス見学会は欠席でした。
 

b0096552_19293036.jpg


 秋川木材協同組合の
 中島さん(左)と岩波さん(右)。
 今回のイベントのホスト役をか
 って出て下さいました。

 快くご協力を頂きまして、誠に
 有難うございました。




  ▼ 多摩木材センター ( 原木市場 )

b0096552_19305977.jpgb0096552_1931119.jpg
原木(げんぼく)の競り市が行われる施設の見学です。



  ▼ 山に入っての見学、散策です。

b0096552_1944135.jpg
b0096552_19442427.jpg東京(奥多摩)の山に実際に
入っていって、散策、見学を
致しました。
時期からいって、伐採の現場
は見る事は出来ませんでした。

木が根をはり、地面(土)の養
分を吸い上げて生きている様
(音)を、聴診器を持参して感
じてきました。
コポコポという音が聞こえました。
b0096552_19443647.jpgb0096552_19493020.jpg




  ▼ 川原にて昼食。

b0096552_21245564.jpgb0096552_2125721.jpg
川原まで降りて、お弁当の時間としました。 休憩です。

素木屋(そぼくや)さんという組合のアンテナショップにも立ち寄りました。
地場で採れた材を製材し、テーブルなどに加工して販売しています。
お土産にいかがでしたか。
b0096552_21313415.jpgb0096552_21314537.jpg
多摩産材のシートが張ってありました。  ↑



  ▼ 製材所の見学

b0096552_21461714.jpgb0096552_21463062.jpg
b0096552_21465080.jpgb0096552_2147514.jpg
製材所を見学させて頂きました。
秋川木材さんにより、乾燥や加工についての説明をして下さいました。



バス見学会の一日のスケジュールを終え、バスは帰路につくのでした。
b0096552_21551818.jpg
 ご参加を頂きました皆様、
 大変お疲れ様でございま
 した。
 皆様の今後に、何か少し
 でも参考として頂ければ
 幸いに思います。
 誠に有難うございました。
 
 またご協力を頂きました、
 秋川木材協同組合の皆さ
 ん、大変お疲れ様でした。
 スタッフ一同、心より感謝
 申し上げます。


   ( その③ に続く ・ ・ ・ )
[PR]
by itibanhoshi | 2007-05-21 19:11 | ミズ プチレッスン

所沢市 O 様邸  完成見学会 ②

  (  ・・・ 続き です )

所沢市 O 様邸の建物完成見学会の2日目、本日は快晴に恵まれました。

が、とても風の強い一日でした。
日除けのテントを見学会場入口に設置していたのですが、時折吹いてくる
強風のため、テントは2時頃に撤収しました。
重石として長テーブルに括り付けていたのですが、そのままの体制でテント
が宙に浮いていきました。スローモーションのようでした。

b0096552_2247853.jpg

構造材でお世話に
なっている山長商店
モック株式会社

小原さんが応援に
来てくれました。
建物が仕上がり完成すると、その多くが見えなくなってしまう構造材ですが、
建物にとって、最も大切なものだと考えます。
無垢の柱材として、日本国内で数社しか認定されていないJASの認定を受
けている安心の材を使用しています。
柱の一本一本に含水率と強度を表示して、一定以上の水準のものを選って
使用しています。b0096552_23153394.jpg


b0096552_2313959.jpg

 アプローチと通り土間は、
 土足禁止とさせて頂きま
 した。


b0096552_2357754.jpg 19日(土)、20日(日)の2日間の見学会
 で計70組の方々にご来場頂きました。
 ご来場下さいました皆様、誠に有難うござ
 いました。
 また、見学会のご協力を下さいましたお施
 主様の O様、誠に有難うございます。
 相羽建設スタッフ一同、心より感謝申し上
 げます。

[PR]
by itibanhoshi | 2007-05-20 22:49 | モデルハウス陽とり旅(豊)

所沢市 O 様邸  完成見学会 ①

5月19日(土)、20日(日)の両日、所沢市の O 様邸 建物完成見学会を開催しております。
皆さん、是非とも遊びに来て下さい。

b0096552_218129.jpg
O 様、この度はご新居の完成、おめでとうございます。
また、建物完成見学会へご協力を頂きまして、誠に有難うございました。

b0096552_2184975.jpg

 相羽建設 営業部
 本日のメンバーです。
 写真 左より
 佐々木さん
 松崎さん
 さん
 新藤さん


b0096552_2121174.jpgb0096552_21211315.jpg
相羽建設の i - works の建物です。 角波ガルバ + 左官仕上げ の外観です。

b0096552_21254615.jpgb0096552_21255714.jpg
 (左) これがホームページやダイレクトメールでご案内してきました、噂の通り土間です。
     見学会時は、スリッパでご覧頂いております。
 (右) 軒の深い、バルコニーからの眺望です。

b0096552_21325869.jpg

 床の間のある和室。
 壁は、火山灰が原料の
 中霧島壁仕上げです。
b0096552_2133881.jpg
 作業スペースを1100㎜設けた
 ゆとりのキッチンです。

 建具や家具類の面材は
 雲杉材です。

 床は、足障りの気持ちい
 い国産アカ松材の無節の
 仕上げです。


  (  その② に続く ・ ・ ・ )
[PR]
by itibanhoshi | 2007-05-19 21:08 | モデルハウス陽とり旅(豊)

イトウ、一喜一憂する。

秋津園芸さんと、現場監督の酒井さんの力を借りて、木造ドミノモデルハウスにプチ菜園ができました。
芝を剥いで、シャベルで30センチ深さ位まで掘り起こし、土を黒土に入れ替えてくれました。周囲には可愛い縁石も。
わーい。張り切って野菜をつくりまーす。
b0096552_1125589.jpg


ブログではすでに一番星さんに紹介されていましたが、5月15日の夕方にトマト、ナス、シシトウ、ピーマンを植えました。
実は翌日から2日間はモデルハウスのお休みの日。木曜は雨が降るという予報もあったので、ちょうど良いかなと思っていたのですが、金曜日出勤すると強風のため、野菜達が青ざめているではないですか。ゴーヤーも同じく、風がきびしいよーとふるえている。(感じ)

これはいけない!と思い立ち、近所のJA園芸ショップに走り、寒冷紗を買ってきました。そして支柱を組み合わせてテントを作り、野菜達を守るのよ!と、意気込んで作り始めたのですが、強風で寒冷紗は飛ばされるは、支柱は倒れるはで作業は難航。
何とか形にはなったものの、夜にまた強風が続けば、朝には全部吹き飛んでいる危険性大。
結局、苗に支柱を立てるだけに留めて作業終了。

温室みたいに作らないと駄目なのか?などと悩みつつ、今日の朝、プチ菜園を覗くと、何だか皆、元気になっている。そしてピーマンにはつぼみが!
感動~。野菜って強い。そして、昨日、大騒ぎした私は何だったの?

                        ピーマンのつぼみ
b0096552_12324497.jpg

b0096552_12184364.jpg今日は種まき。エダマメです。
b0096552_1219513.jpg
                                   手前がニンジン。後ろが黒ゴマ。全て好物ばかり。
[PR]
by itibanhoshi | 2007-05-19 11:49 | モデルハウス陽より(伊藤)