<   2009年 04月 ( 36 )   > この月の画像一覧

友の会 「花水木」  最新グッズ

友の会ポイントカードのNEWアイテムが登場しましたっ!

b0096552_22254564.jpg
No.003 「 小机(こづくえ) 抽斗付き 」です!!
石森(父)大工さんのアイデア完全オリジナル品です。
抽斗の精巧さなどは、感涙ものの逸品となっています。

友の会会員の皆さんに30ポイントでプレゼントさせて頂きますっ!
皆さん、どうぞ宜しくお願いします!!
[PR]
by itibanhoshi | 2009-04-30 22:24 | モデルハウス陽とり旅(豊)

第11回 プチレッスン  3

  ( ・・・続きです )

モデルハウスにミミズコンポストを作りました。

コンポストとは、有機物を微生物などの力を借りて分解すること、またはその分解
されて出来たもの、堆肥を言います。
家庭からの生ゴミをコンポストで堆肥にし、その堆肥でプチ畑の作物を育てます。
廃棄物を出さない家庭内のサイクルを構築したいと考えました。
ゼロエミッションを目指します。
b0096552_042321.jpg今回は、土壌生物であるミミズ
を使って生ゴミを分解して堆肥
にするミミズコンポストにチャレ
ンジしました。

ミミズは縞ミミズを使用。
1日あたり、自分の体重分くらい
のものを食べると言われています。
b0096552_175063.jpgミミズを入れる箱を作ります。
80㎝×60㎝、深さ30㎝の穴を掘り、
軽量ブロックで囲います。
目地も無く、倒れないように置いて
おくだけで十分です。


底にモグラ避けのアミを敷いておき
ます。







早速作業開始です。
b0096552_0431593.jpg庭の隅に設置するため、狭くて
大人数で寄る事が出来ません。
ブロックを運ぶのも、皆さんでの
送り作業となりました。
主役のシマミミズ。 500g / 4000円のエリート養殖ミミズです。
良質な堆肥を作り出してくれます。b0096552_0434236.jpg
b0096552_0441680.jpgミミズを投入。
上から黒土を少しまぶしておきます。
詰め物として新聞紙を裂いたものを入れておきます。
バクテリアや微生物の炭素源となり、コンポスト内の水分を保ってミミズが
動き回る場所を確保します。b0096552_0445187.jpg
家庭菜園としてのプチ畑を作りました。b0096552_0452224.jpg
勿論、緑のカーテンも施しています。b0096552_0455596.jpg
ご参加を頂きました皆さん、誠に有難うございましたっ!そしてお疲れ様でした!!
心よりお礼申し上げます。
ご自宅でも是非ともチャレンジしてみて下さい。
また、モデルハウスの緑のカーテンやミミズコンポストの成長度合いや使用状況を
見に来て下さい。
取れたて捥ぎたてのゴーヤーで御もてなしさせて頂きます。b0096552_3104142.jpg
次回 第12回プチレッスンは、
5月10日(日) 10:00 ~ 12:30 ( 9:40受付開始 )
ソーラータウン西所沢モデルハウスにて、同テーマで開催しますっ!
今回参加出来なかった方は、是非ともご参加下さい。 お申込受付中です。
スタッフ一同、心よりお待ちしております!!
[PR]
by itibanhoshi | 2009-04-29 22:09 | ミズ プチレッスン

第11回 プチレッスン  2

  ( ・ ・ ・ 続きです )

緑のカーテンづくりです。
木造ドミノモデルハウスと、お隣の T様邸にて行いました。
ご参加下さいした皆さん全員では作業が出来ないため、2グループに分かれて
のプチレッスンとなりました。
T様邸としては、特にグリーンタウン計画の一環でもあります。
今回もゴーヤー、ひょうたん、ヘチマ、かぼちゃの4種類にチャレンジしました。

まずはその畑づくりから行いました。
b0096552_21195381.jpgb0096552_2219172.jpg
緑のカーテンを這わすシュロ紐は、雨樋を留めるでんでんから下げました。

地面を掘り下げます。
約30~40㎝、根を張る分の土を入れ替えました。
( ↓ 写真 ) 腐葉土を敷いています。
b0096552_21205886.jpg
b0096552_21244198.jpg ↑
←ちびっ子たちも、お手伝い
してくれました。
みんな、どうも有難う!!




お父さんたちは、土(黒土)運び
です。
皆さんで協力して運んで頂き
ました。
初対面とは思えない程、とても
チームワークがよくいい感じです。
何だかとても楽しそうです。
               ↓
b0096552_2125028.jpg
黒土に牛糞スロードを混ぜ込んでいきます。
土が栄養たっぷり、根がのびのび生育出来る環境をつくります。b0096552_21251662.jpg
土を入れ替えた部分をピンコロ石で囲んで、プチ畑となります。
どんな形にしようか、考えながらの作業はとても楽しいです。
今回は多数決により、楕円形に採決されました。b0096552_21253479.jpg
完成したプチ畑に、屋根からのシュロ紐を垂らします。b0096552_21254941.jpg
そこへ前出の苗を植えていきます。
双葉が埋まらないように、優しく植えるのがポイントです。b0096552_2126648.jpg
緑のカーテン完成です!!
苗が伸びてきたら、シュロ紐に絡めてあげます。
苗の場合、おおよそこの時季に植えてあげるのがいいでしょう。b0096552_21262697.jpg
ご協力を下さいました皆さん、どうも有難うございました。
大変お疲れ様でした。

是非収穫に遊びにいらして下さい。


                            ( その3に続く ・ ・ ・ )
[PR]
by itibanhoshi | 2009-04-27 20:40 | ミズ プチレッスン

第11回 プチレッスン  1

4月26日(日)、第11回 プチレッスン を開催しましたっ!
b0096552_23172854.jpg
今回のテーマは、「 圃場(ほじょう)整備 」です。
・畑づくり
・緑のカーテン
・みみずコンポスト
というラインナップとなっています。
本当は田圃(たんぼ)を作りたかったのですが、その意気込みをそのままテーマに残しつつ
田圃ではなく、緑のカーテンとその畑づくりを行いました。
そして、相羽建設の春の風物詩みみずコンポストにチャレンジですっ。

昨日からの雨が嘘のような快晴となりました。
お日様に見守られながら、プチレッスンスタートです。
まずは、開会の挨拶と趣旨の説明をさせて頂きました。
b0096552_20273182.jpg
そして、スタッフからの自己紹介とb0096552_20281523.jpg
恒例となっている、ご参加の皆さんからの意気込みと一言ご挨拶を頂きました。b0096552_20291526.jpg
b0096552_20283749.jpg
b0096552_20293559.jpg
b0096552_20295216.jpgb0096552_2030555.jpg
b0096552_20303664.jpg
b0096552_203166.jpg
b0096552_20314551.jpg
b0096552_21213390.jpg
b0096552_21213844.jpg
b0096552_21214226.jpg
b0096552_21214729.jpg
会場は、ソーラータウン青葉木造ドミノモデルハウスです。b0096552_2032526.jpg



                              ( その2に続きます ・ ・ ・ )
[PR]
by itibanhoshi | 2009-04-26 23:16 | ミズ プチレッスン

ソーラータウン西所沢 宿泊体験 S様編

相羽建設のソーラータウン西所沢モデルハウスでは、居心地や住い方、OMソーラー
を実際にご体感して頂けるよう、宿泊体験を実施しています。

本日は、住い造りをご計画中の S様ご家族がお泊りされています。
今回の S様は、お兄ちゃんのHくん、そして大黒柱に登るKくん(次男)を中心に
ご家族皆さんでの記念撮影となりました。
b0096552_2133783.jpg
Kくんはお風呂に入って、すっかり気持ち良さそうになっていました。
シャツは真っ赤な椿マークシャツ(大島製)です。 アンコ椿は恋の花です。

S様、本日は誠に有難うございます。
肌寒い雨の一日でしたが、居心地、どんな住環境なのかを是非しっかりとご体感
下さい。
ソーラータウンの自然の環境とコミュニティは、心地よく暮らせる街づくりです。
是非ともソーラータウンの歴史を刻んでいって下さいっ!!
[PR]
by itibanhoshi | 2009-04-25 21:37 | モデルハウス陽とり旅(豊)

友の会 「花水木」  最新グッズ

相羽建設 友の会「 花水木 」のポイントプレゼントの最新グッズが発表されましたっ!

b0096552_94887.jpgNo.002 花台 です。
桧Jパネル製のシックな装いです。

ポイント数 30ポイントでプレゼント
させて頂きます。
見本はソーラータウン青葉のモデ
ルハウスにご用意しております。
是非、手にとってご覧になってみて
下さい。

どうぞ、宜しくお願いします。
b0096552_9482774.jpg

[PR]
by itibanhoshi | 2009-04-25 09:53 | モデルハウス陽とり旅(豊)

東村山市 Y 様邸  外壁工事完了

東村山市 Y様邸の外壁吹き付けが完了しました。
b0096552_2217215.jpg
下地塗りから養生期間を経て、本日吹き付けを行いました。
ウ~ン、イメージした通りにピッタリ! グッドですっ!!
これから外構工事が進んでいくと、更に映えて来るでしょう。
テーマとした「ララ サンシャイン」が聴こえてくるようです。

もうすぐ足場が外されます。
[PR]
by itibanhoshi | 2009-04-24 22:16 | モデルハウス陽とり旅(豊)

第1回 IHクッキングヒーター実演料理教室

4月24日(金)、
東京電力さんとの共同企画「 IHクッキングヒーター実演料理教室 」を開催
しました!!
b0096552_20512056.jpg
ソーラータウン青葉木造ドミノモデルハウスにて行いました。
今後、毎月1回、第4金曜日に開催していきます。

一緒にイベントを企画した東京電力立川支社の秋葉さん
この度は誠に有難うございました。
感謝の気持ちを込めて、壁紙風にアップしてみました。( ↓ 写真 )
東田研のモデルになったとも言われています。
IHの調理方法だけでなく、オール電化住宅全般に渡っての相談会です。b0096552_20523386.jpg
本日のクッキングメニューは、
 ・ふわふわプリプリ海老カツ
 ・春野菜のグリル 中華ドレッシング
 ・いちごのトライフル(ケーキ)
というラインナップでした。
b0096552_2053196.jpg
講師は、IHクッキングクリエーターの川崎さんです。
( ↓ 写真 )は、熱の伝わり方を説明してくれている所です。b0096552_2053378.jpg
火を使わないIHクッキングヒーターは、油はね防止に新聞紙を使用出来ます。
これなら使用後に燃えるゴミとして捨てられる事と、アルミのガードと違って
必要以上に熱を持たないので安全です。b0096552_2054668.jpg
b0096552_2055556.jpgIHのお手入れの仕方は、






IH天板に、液体クレンザー
を軽く垂らします。
ラップ10~20㎝を丸めて
円を描くように擦ります。
b0096552_20562944.jpgラップは、液体クレンザーを
吸い込みませんので、純粋
にガラストップを磨いていく
事が出来ます。
b0096552_20564154.jpgある程度磨いていくと、フッと
軽くなってきます
b0096552_20565582.jpgそれを塗れ布巾で拭き取れば、
b0096552_2057723.jpg新品同様、ピカピカになります。

とても簡単です。
最後に調理したお料理を皆さんで頂きながら、ご質問や本日の感想を話しました。b0096552_20541923.jpg
ご参加下さいました皆さん、本日は誠に有難うございました。
皆さんの住まい方暮らし方の少しでも参考になれば幸いです。
またのお越しを、心よりお待ちしております。
[PR]
by itibanhoshi | 2009-04-24 20:52 | ミズ プチレッスン

木造ドミノ研究会 現場見学会

4月24日(金)、
木造ドミノ研究会のドミノ住宅見学会が催されました。

相羽建設の椿峰分譲地の木造ドミノ(200年住宅)が本日上棟を迎え
その建て方工と、ソーラータウン青葉のモデルハウスを2棟同時に見学
して頂きました。

b0096552_20291390.jpg全国の研究会の皆さんから
ご来場を頂きました。
玄関は、常時クツで溢れか
えっていました。
b0096552_19483794.jpg
( ↑ 写真 ) 新潟県十日町市より株式会社フラワーホームさんも来場されました。

今回は現場見学という事もあって施工サイドの方が多く、皆さん熱心に
見学されていました。
それぞれの地域特性を活かした各地の木造ドミノ住宅が計画されていっ
ています。
そして平成20年度分の超長期住宅先導的モデル事業の枠30棟も、埋
まってまいりました。

皆さん、本日はお疲れ様でした。
今後とも、宜しくお願い致します。
[PR]
by itibanhoshi | 2009-04-24 20:08 | モデルハウス陽とり旅(豊)

ひと・すまい・くらしラボ

OMソーラー株式会社ひと・すまい・くらしラボ 「 春の研究会 」に参加してきました。
■ 木構造研究部
■ 環境住宅研究部
■ 家づくり研究部
■ 既存住宅対応研究部
■ 工務店競争力研究部
からなる研究会で、私は環境住宅研究部に参加して来ました。
b0096552_22543020.jpg
「外断熱」が危ない!の著書で知られる西方里見先生の講義と、( ↓ 写真 一番左 )b0096552_22552242.jpg
野沢正光建築工房野沢正光先生の講義を拝聴致しました。b0096552_2256272.jpg
木造ドミノ住宅の生みの親であり、育ての親でもあります。
木造ドミノ住宅は、構造躯体とその他設備を分離して考えるル・コルビジェのドゥム イノ
住宅のシステムを、木造で採用した住宅です。( 決してドミノ倒しのドミノではありません )
西洋では組積造(石積み・レンガ積み)による建築が伝統的だったが、ル・コルビュジエはスラブ、柱、階段のみが
建築の主要要素だとするドミノシステムを考案した。その後の代表作サヴォア邸は、ル・コルビュジエの主張する
「新しい建築の5つの要点(ピロティ、屋上庭園、自由な平面、水平連続窓、自由な立面)」(近代建築の五原則)
を体現している。クック邸が5つの要点を体現した最初の作品であり、サヴォア邸でより完成度の高い実例を示した。
                                                   ウィキぺディアより抜粋

ちなみに、ドゥムは住い、イノは新しいと言った意味で、
少し強引ですが、ドゥムをドゥOMとこじつけてみると、ドミノとは「 新しいOMの住い 」と
訳す事が出来ます。
木造ドミノ住宅とは、新しいOMの住いの形と言えるのです。 ( 野沢先生 談 )

この環境住宅研究部のリーダーを務める相羽建設迎川常務の司会のもと、
西方里見先生 × 野沢正光先生 の対談となりました。
( ↓ 写真 左より ) 野沢正光先生 、西方里見先生 、相羽建設 迎川常務b0096552_22562287.jpg
大変勉強になりました。
誠に有難うございました。
[PR]
by itibanhoshi | 2009-04-22 23:51 | モデルハウス陽とり旅(豊)