住い教室  「 伊礼智 講演会 小さな家の設計作法 」

12月7日(日) 本日、
相羽建設のイベント、住い教室「 伊礼智 講演会 小さな家の設計作法 」を
開催しました。
b0096552_13341926.jpg

b0096552_1333395.jpg
b0096552_13334675.jpg
b0096552_1424852.jpg本日の司会進行は、病み上がり
の不肖私が務めさせて頂きました。

本日は、16組22名の皆さんに
ご参加を頂きました。
ご参加下さいました皆さん、誠に
有難うございました。
心よりお礼申し上げます。

また伊礼先生、大変お疲れ様で
した。
有難うございました。
伊礼先生にお礼申し上げます!

設計とは、見えるモノだけをデザインしても心地よさは得られません。
「見えないモノ」までデザインしていくようにされています。
「奥」と「引き」がキーワードで、奥のある家、引きのある家が心地よい住み
やすさにつながってくるのです。
伊礼先生の設計作法で造られた東京町家3社の建物の実例を、沢山の
画像を用いてわかりやすくお話して頂きました。


b0096552_14291966.jpg
レジュメでなく、オリジナルメモをお配りしています。
皆さん熱心に書き込んでいらっしゃいました。
↑ と、思ったらスタッフまでメモを取っている次第でした。


b0096552_14394290.jpg
伊礼智設計室ではどのように住い造りのお打合せを進めていくか、
色々な方のケースを説明して下さいました。
これは、皆さん参考になったのではないでしょうか。

いくつもの住い造りのヒントや、心地よい住まい方暮らし方に対するご提案
を織り交ぜてのお話でした。
照明計画の話では、出来るだけ明かりの重心を落とした方が、空間が
キレイに見えます。
ただ部屋の中を均一に照らすのでなく、明かりが必要な所と明暗の雰囲気
を演出したい所を整理して計画をされているのです。
伊礼先生の100数十件に及ぶ施工事例からくる設計作法でした。
とてもためになる2時間でした。
有難うございました。


b0096552_14423168.jpg
今回は、しっかりと質問コーナーを設けました。
積極的な質問が飛び交っていました。
きっとご皆さんの理解も深まったのではないでしょうか。


b0096552_14352274.jpg伊礼先生とのコラボちゃぶ台
の模型が公表されました。
友の会のプレゼントグッズに
なるのかも!?
       ・ ・ ・ 乞うご期待


[PR]
by itibanhoshi | 2008-12-07 14:36 | ミズ プチレッスン


<< 年の瀬 住宅ローン減税拡充 200年住... >>