2006年 11月 28日 ( 2 )

東村山市 S 様邸  お引渡し

11月28日(火) 本日、お住いの大規模改修耐震補強工事をさせて頂いておりました
東村山市の S 様邸のお引渡しをさせて頂きました。


b0096552_2044495.jpgb0096552_2045976.jpg

S 様、この度はおめでとうございますっ !!
そして誠に有難うございましたっ !!
最初にお会いしてから、何年経ちますでしょうか。
大変ありがたく、永いお付き合いをさせて頂いてまいりましたが、
改めまして、今後とも末永いよきお付き合いを、何卒宜しくお願い申し上げます !!


b0096552_200035.jpg
   ( 左より )
S 様 奥様 ( アトリエウサギ主宰 ) 、お施主様であり設計者でもある S 様 ( C+建築研究所所長 )、
一人とんで、祝福に駆けつけた現場監督の和田さん、 同じく駆けつけた営業の新藤さん
写真撮影は営業の松崎さん



b0096552_20163577.jpgb0096552_20164766.jpg
 前回敷き込んでいた大谷石も据わっています。 黒ジョリパットにグレーの木部がアクセントの外観です。


b0096552_20302020.jpgb0096552_20303221.jpg
 1Fリビングからお庭のデッキに繋がります。  内装はシナ目透仕上げ、一部構造材を補強しています。


b0096552_20341467.jpgb0096552_20342548.jpg
 2Fは居室のフロアです。 既存建物を上手に利用して計画しました。
 サッシのアミ戸は懐かしの水色です。



b0096552_20433116.jpgb0096552_20434251.jpg
b0096552_2043537.jpg

  相羽建設恒例のお引渡状を読み上げ、
  お渡ししている所です。
  この後、取扱説明書などの引渡書類の
  ご説明をして、晴れてお引渡しとなります。




b0096552_20504066.jpg










  S 様、おめでとうございます。
  結構なお心遣いまで頂戴してしまい
  まして、大変恐縮でございます。
  誠に有難うございました。

       担当 現場監督 小林 修

[PR]
by itibanhoshi | 2006-11-28 20:00 | モデルハウス陽とり旅(豊)

子供のはたらき

前回の荒井さんのお話を受けて、私も思い出したことがあります。

私の母の子供の頃は、まさに子供も立派な労働力だった時代で、8人兄弟の真中だった母は、すぐ下の妹と、毎日山へ焚き木拾い行ったそうです。
しかしそこは子供のこと。友人達も大抵同じように山へ行くので、みんなで遊びながら焚き木拾いをしたことを楽しい思い出として語ってくれました。
同級生のほとんどが農家の子だったので、収穫期はみんな家の手伝いでお休みなので、教室はがらーんとしていたそうです。
なかでも面白かったのは、年に何度か、ウサギ狩りの日というのがあって、小学校の全校生徒で山を取り囲み、じわじわと山の上へとウサギを追って行き、頂上で網を持った先生が捕まえるというもの。獲物はさっそくその日の給食になるそうなのですが、大抵は先生、上級生の順でよそっていくので、低学年だった母達は具なしスープしか食べたことが無いと言っていました。
ということは、母が上級生になる頃にはそのイベントは無くなったのかも知れません。ちょうど戦争が終わったころの話しなので。
なんだか、童謡「ふるさと」の世界そのまま、という感じですが、ホントに60年前の日本の普通の田舎の風景だったんですね~。
[PR]
by itibanhoshi | 2006-11-28 15:11 | モデルハウス陽より(伊藤)