人気ブログランキング |

<   2007年 06月 ( 38 )   > この月の画像一覧

住い教室のご案内

相羽建設の7月の住い教室のご案内です。

今回のテーマは、「 資金計画の話 」と「 オール電化住宅の話 」 の2本立てです。

 ● 住宅ローンの説明を中心に、税金や諸費用等、資金計画に関するお話し
   を、MS銀行の担当の方を講師に招いて、わかりやすく、そして少し面白く
   お話しをさせて頂きます。
   住い造りにおいて、とても重要なお金に関するお話しです。

 ● テレビCMや、巷で話題のオール電化 !
   光熱費の削減になるの ?  IHって便利 !? 安全 !!  ・ ・ ・ などなど
   オール電化の実際を、東京電力の担当の方を講師に迎え、わかりやすく
   ご説明して頂きます。
   オール電化ってどんな生活になるのか、是非聞きに来てください。

b0096552_15325217.jpg

お申込は、相羽建設まで !!
by itibanhoshi | 2007-06-15 15:30 | ミズ プチレッスン

緑の窓

後藤さんが仲間入りされたのですね。
よろしくお願いします。
木造ドミノ現場レポート頑張ってくださいね。

さて、関東も梅雨入りしましたね。
今日はすっきり青空が広がって気持ちが良いですが、外は蒸し暑そうです。

今朝、モデルハウスの玄関を開けるとひんやりしていて、温度計をみると22.7℃。湿度は61%でした。今日は窓を開けると外の暑い空気が入って来るので窓は開けていません。
14時現在、室温26.5℃。湿度60%です。外気は33℃を超えているようなので、OMくん、なかなかの成績なのでは?昨日の夜の涼風蓄熱が効いているのでしょうか。
西側の窓のすだれは、この前、はずしたままになっているので、また付けなくちゃ。また松崎さんか遠藤さん(背が高くて手が長いヒト達)が来たときにお願いしようっと。

でもこの西側の窓、実はちょうど公園のイチョウが見えるので気に入っているんです。
イチョウの部分がトリミングされて見えるので、なんだが緑の深い公園に隣接しているように見えます。実は木が3本しか立っていません。ちょっとしたトリックです。
b0096552_14134311.jpg
b0096552_1417368.jpg

上は同じ窓を階段から見たところ。見上げるので空がみえます。お気に入りの窓です。
by itibanhoshi | 2007-06-15 14:13 | モデルハウス陽より(伊藤)

建物説明会のご案内

東京都 東村山市 本町地区 プロジェクト 「 むさしの i タウン ~四季の街~ 」
第3期登録受付開始に向けまして、木造ドミノ住宅の建物説明会を開催致します。

皆さん、ドシドシお申込下さい。

b0096552_10471811.jpg
詳しくは、相羽建設までお問合せ下さい。
by itibanhoshi | 2007-06-15 10:47 | 東村山プロジェクト

小平市 K 様邸  地盤調査

雨の降りしきる本日、小平市の K 様邸の地盤調査 ( 立会い ) に行ってきました。

地盤調査は、スウェーデンサウンディング方式という工法で行いました。
今回の調査は、人力による作業でした。

b0096552_19565963.jpgb0096552_1957887.jpg
先端にモリの付いたロッドに荷重( 100㎏ )をかけ、回転させながら地面に
管入させていきます。

b0096552_19571774.jpgb0096552_19572834.jpg
長さ 0.75m のロッドを継ぎ足して行き、支持層( 固い地盤の層 ) が出るまで、
管入させます。

b0096552_19573733.jpgb0096552_19574827.jpg
0.25m 管入するのに、何回転要するかにより、地盤の耐力を解析計算します。
当該地盤が計画建物を支えられるのかどうかを判断するための、とても大切な調査です。

b0096552_2065799.jpgb0096552_207652.jpg

建物の四隅と中心との、計5ポイントで調査を行いました。
調査は、雨の中とはいえ順調に進み、無事完了しました。
後は、出てくるデータを保証会社の人に解析してもらい、基礎の仕様や地盤改良
工事の指示を待つのみです。

b0096552_19581571.jpg

 管入した先端のモリ。
 どんな層か、水位は、
 など確認する事が出
 来ます。


調査会社の方は、雨の中をご苦労様でした。 大変お疲れ様でした。
by itibanhoshi | 2007-06-14 19:53 | モデルハウス陽とり旅(豊)

本日から梅雨入りです。雨に負けずリポートを行っていきます!!

午前は屋外で作業が行われ、庇が取付けられました。
b0096552_17585059.jpg

午後から雨が降り出したため、作業は屋内で行われました。
大工さん2人で1,2階に別れ、床材が張られました。
b0096552_1803773.jpg

屋外は庇が取り付けられ、わずかですが変化しました!!
b0096552_1823377.jpg

by itibanhoshi | 2007-06-14 18:03 | 新人後藤の青春リポート

東村山市 O 様邸  お引渡し

   ( ・ ・ ・ 続き です )

本日、東村山市の O 様邸のお引渡しを致しました。

b0096552_16501696.jpg
   ( 写真 左より )
 設計担当の木村さん 、 お施主様である O 様ご主人 、 現場監督の和田さん

O様の予定では、お引渡しの後そのまま引越しをされるとの事で、その準備のため
奥様は今日は欠席という事でした。
お会い出来ずとても残念でしたが、またお庭の方など拝見しに、遊びに寄させて頂
きますので、その節は何卒宜しくお願い申し上げます。

本日は、誠におめでとうございますっ !!  これまで本当に有難うございましたっ !!!
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げますっ !

b0096552_179635.jpg
 相羽建設 恒例である
 お引渡状を読み上げ
 させて頂き、弊社より
 感謝の気持ちをお施
 主様である O様へと
 お伝えする儀式です。
b0096552_1791659.jpgb0096552_1792658.jpg
b0096552_1711482.jpg


O 様邸は、1階を基礎までスケルトンに、設備類を移動変更、階段まで造りなおし
という大規模なリホームの工事内容でした。
b0096552_17152610.jpg
b0096552_17153589.jpgb0096552_17154430.jpg
昔ながらの和室だった部屋は、少しモダンな和室となりました。
縁無しの畳に、天井までの建具、長押やまわり縁も外しました。
( 障子は既存のままです。障子の向こうのお庭は未施工、これから施工されます。 )

b0096552_17473469.jpgb0096552_17474657.jpg
勾配のきつかった階段は、段数を増やし昇りやすい段差としました。
段板は、パイン材。 足障りのよい無垢材です。

b0096552_18442237.jpgb0096552_18443120.jpg
b0096552_18444123.jpg ↑ ↑ ヤマハのデザイン
      キッチン。
      奥様のこだわりです。

 ↑    ガラスは断熱仕様に
      ( スペーシア )。

 ←    壁は自然素材( リタ
      ーナブルパウダー
      仕上げです。


b0096552_1912079.jpg
b0096552_19121446.jpgb0096552_1912303.jpg
b0096552_19124162.jpg

 設備関係のご説明。
 オール電化住宅となりました
 O様邸、エコキュートについ
 てご説明致している所です。


b0096552_19175416.jpgb0096552_1918519.jpg
また、O 様邸の工事に携わって下さった職方パートナーの皆さん、
大変お疲れ様でした。  そして、誠に有難うございました。
重ねまして、お礼申し上げます。
by itibanhoshi | 2007-06-14 16:48 | モデルハウス陽とり旅(豊)

本日の木造ドミノ

2階南側に木摺が張られ、全ての窓が取付けられました。
b0096552_187209.jpg

b0096552_187479.jpg

by itibanhoshi | 2007-06-13 18:08 | 新人後藤の青春リポート

新メンバー紹介

当ブログに新メンバーが加入しました。

b0096552_1831053.jpg
相羽建設 設計部の後藤さんです。
これから 「 むさしの i タウン ~四季の街~ 」 の木造ドミノのレポートを
していきます。
どうぞ宜しくお願いします。
by itibanhoshi | 2007-06-12 18:00 | モデルハウス陽とり旅(豊)

住い教室  「 木の話 」 ②

  (  ・ ・ ・ 続き です )

b0096552_1941867.jpg

 ←

 休
 憩
 時
 間
b0096552_19413938.jpgb0096552_19453154.jpg
b0096552_19433995.jpg 様々なデータや貴重な写真など
 山長商店さんが資料を展示して
 います。

 休憩時間中も皆さん熱心に、資料
 に見入ったり山長商店の方に個別
 で質問されていました。


 ← 休憩時間も終わり、住い教室
    再開です。


b0096552_032298.jpg



 良い材の条件とは、芯が木材の中心に真っ
 直ぐ通っている事が大切です。
 一見真っ直ぐに見える材でも芯が真っ直ぐ
 に通っていないと、後で曲がりやすくなります。
 また、年輪が均等に詰まっている事も強度
 上大切な事です。
b0096552_183171.jpgb0096552_191941.jpg
製材するに当たって、どんなに良い材でも挽き方が悪いと
組み上げられた時に、よい柱梁にはなりません。
木の癖を読んで、その癖を出さないように製材するのが技術なのです。
b0096552_22542323.jpgb0096552_23233996.jpg






  老舗のほんまもん

 山長商店さんと相羽建設とによる協
 議により、ある一定水準を指定して、
 基準を満たしている材を 「 老舗
 のほんまもん 」 と名付けました。
 品質にバラつきが出やすい無垢材で
 も安定した品質を確保しています。
 その材( 無垢材 )一本一本の持つ
 性能を表示刻印してあります。
 これによりJASの認定を受けています。
木材としての強さとは、大きく分けて2つの意味があります。
腐朽やシロアリなど害虫に対しての耐久性と、材自体の物理的な強度です。

まず、腐朽や害虫に対する強さは、木の芯に近い赤身の部位によります。

b0096552_1949124.jpgb0096552_19491258.jpg
b0096552_19502493.jpg
 ↑ 切り出した丸太を放置
 した実験。
 木の芯に近い赤身の部分
 は、外周部の白太に比べ、
 腐りやシロアリに対して耐
 久性がとても高い事がわ
 かります。

 ← ホワイトウッド集成材
「 老舗のほんまもん 」 では、柱に杉の芯持ち材( 50年生以上 )を使用しています。
ちなみに、シロアリへの耐久性に対する実験では、ホワイトウッドの集成材は
完全に食害にあっていました。( 接着剤の部分は無事です ? )

さらに乾燥がとても重要となります。
材の乾燥度合いは、含水率 ( SD ) で表されます。
「 老舗のほんまもん 」 では、木材を一本一本計測して、芯部分での含水率が
一定水準( 20%以下 )の材のみを選別して使用しています。
「 SD 20 」 と表示されます。
含水率が20%程度までなると、材としてその後の寸法変化や狂いが起こりに
くくなります。
乾燥は、蒸気式大型乾燥庫により行います。
b0096552_215171.jpg


材自体の物理的な強度は、ヤング係数で表されます。
ヤング係数とは、外力に抵抗する力の度合いで、撓みにくさ曲げ強度
を数値化したものです。
係数が大きいほど変形撓みが少なく強度が高い事を表します。
( E ) で表示されます。
「 老舗のほんまもん 」 では、建築基準法によるヤング係数50以上と
いう目安を上回る 「 70以上 」を基準としています。( E 70 )
b0096552_2324313.jpg

 グレーディングといって
 材の端面を打撃し、生じ
 る縦振動周波数の音を
 感知し、その測定結果か
 らヤング係数をもとめて
 います。
b0096552_19521096.jpg
b0096552_19523563.jpg ご来場頂きました皆様、誠に有難う
 ございました。
 また、ご協力下さいました山長商店
 さん及びモック株式会社さん、大変
 お疲れ様でございました。
 相羽建設スタッフ一同、心より感謝
 申し上げます。
by itibanhoshi | 2007-06-11 19:34 | ミズ プチレッスン

住い教室  「 木の話 」 ①

b0096552_2272077.jpg

 6月10日(日)、
 相羽建設のイベント
 「 住い教室 」 を開
 催しました。

 今回のテーマは、
 「 木の話 」です。

相羽建設が構造材 「 老舗のほんまもん 」 でお付き合いさせて頂いている
紀州和歌山県の山長商店さんを講師に招いて、山や木、環境問題について
お話をして頂きました。

b0096552_22204160.jpg
b0096552_22275070.jpg

 山長商店の榎本部長が
 講師を務めて下さいました。

b0096552_8122895.jpg

 まずは、弊社の橋本埼玉支店長の
 少し長い開会の挨拶からスタート
 です。
b0096552_8573028.jpg     山林収利簿  ↓b0096552_903687.jpg
               山長商店さんでは、どの木を、いつ、誰が植えたのか  ↑
               江戸時代より秘伝の 「 山林収利簿 」 に記録されています。

b0096552_22494356.jpgb0096552_22501399.jpg
山長商店さんは江戸時代中期より続く老舗で、紀州に約5000haの
山林を所有し、植林から育林、製材、乾燥、プレカット加工まで一貫
生産されている企業です。

事業の一つである植林は、土壌の性質や山の斜面の方角などに
よっても異なる条件に、適地適木に則って行われます。
そして除伐、間伐といって、木の生長に応じて間引くなどのお手入
れをしていく事によって、年輪巾の揃った強度の高い木が育てられ
ているのです。
b0096552_23265369.jpg 真っ直ぐに生長し目
 の均等に詰まった木
 は、柱梁に製材され
 た後も狂いが少なく、
 強度も高いです。
 また材としても美しい
 木目の材となるのです。
除伐、間伐を行わないと、木が生長するに従い枝や葉がくっついて、
光を遮り、山肌に草が生えなくなります。
すると雨によって表土が流され、土砂崩れなどの危険性が高くなります。
木々にとっても土壌の栄養分が十分に行き渡らず、生長が不十分になっ
てしまいます。
枝葉は逆に少なくなってしまうので、光合成も十分に行われなくなります。

そして、伐採です。
b0096552_23272478.jpg 山長商店さんでは
 50年生以上の木
 を伐採しています。
 曲がった部位は
 切り離し、用途に
 よって3m4m6m
 の3種類に切り分
 けられます。

 ← 伐採現場
b0096552_0405682.jpg


 住い教室にご参加下さいました皆様、 誠に有難う
 ございました。
 また、ご協力を下さいました山長商店の皆さん、
 大変お疲れ様でございました。
 相羽建設スタッフ一同、心より感謝申し上げます。



  ( その② に続きます ・ ・ ・ )
by itibanhoshi | 2007-06-10 22:04 | ミズ プチレッスン